はっくのこと

 2016-03-13
はっくには、ちっことうんPにこだわりがあります。

ちっこは、まっさらなトイレシーツに、うんPはトイレ砂にするのがスタンダード。
トイレシーツが少しでも汚れたら、次は近くの床の上にちー。
しかも、ちっこの回数が普通より多いです。
1日おいたら、ちっこだまりがそこかしこに。。。

なので平日はケージの中でお留守番してもらいます。
ままの都合でごめんね、はっくん。

たまにおトイレでしたつもりでも、おちりが外に出ていて、おトイレの外に、ちー。

はじめっからこうではなかったんですよ。
はっくんが来たのは生後4ヶ月の頃、
初日からちゃんとおトイレも覚えて、一度も粗相のない子でした。
緊急入院するあの日まで。

2年前の今頃、膀胱憩室と尿道瘻形成術という大きな手術をしてから
ルールが変わってしまい、2年たっても治らないのです。

あの時は膀胱炎から急性腎不全に至る色々な可能性を指摘され、
病院の言うままにおちんちんを取ってしまう手術を選んでしまいましたが、
今考えると、膀胱憩室を取って膀胱炎がおさまるかどうか、
見極めてからおちんちんの手術をするべきだったと後悔しています。

術後も回復までに4ヶ月を要しましたし、
おちんちんがなくなったことでちっこのポジションに戸惑ってしまって
うまくちっこを出せなくなってしまったのです。

長い入院生活の間、トイレシーツの上に寝かされて
ちっこをしていたのでその習慣ができてしまったのかもしれません。

おちんちんさえついていれば、
もとの生活にもどれたのではないかと後悔しています。
あの時は何が正しいか、見極めることが難しくて、
結果、はっくにかわいそうなことをしてしまいました。

ごめんね、はっくん。
P1010054_20160313224237841.jpg
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキングにエントリーしています。ポチッとしてね。

にほんブログ村 猫ブログへ

アフィリエイト・SEO対策
コメント
> サクラさん

ご心配おかけしてすみません。
いつも応援ありがとうございます。

あの時は、なんとか生きていけるようにと
ばかり考えていましたが、
今思うと違う道があったかもなぁ。。。と。

はっくん、時々おねしょはありますが、
起きている時はちゃんとコントロールできてますよ。

だから、安心してください。
暴君ぶりも健在で、いつも元気いっぱいです。

こんにゃに可愛いはっくんを保健所から救い出してくださって
本当にありがとうございます。

はっくんと暮らして、ままもにいちゃんたちも幸せです。

これからも見守っていてくださいね。
【2016/03/21 18:44】 | ちゃりまる #lNLrWGZs | [edit]
うん・・

もう2年もたつんだね
はっくんとちゃりまるさん、がんばった、本当に・・

やっぱりもうダメかと思ったりしたもの・・
なんだかわかんない病気で・・なんでなっちゃったのかもわからないし・・

そんなはっくんを必死で助けてくれて本当にありがとう
たくさん時間もお金もかかったし辛かったろうし・・

あの時は精一杯がんばったもの
それでよかったもの

はっくんは本当に幸せです

岩手までにゃんこのかあちゃんが来てくれて大変な思いをして連れて行ってくれて
ちゃりまるさんとこでぴーくんやちゃちゃんにも受け入れて貰って(暴君なのに・・)
ブログでも応援して貰ってみんにゃのたくさんの思いがあって、今のはっくんがいます

はっくんは本当に幸せです

ちっこもれもれでお世話かけますが、いつか治るかもしれない
時間かかるかもしれないけど、感覚が戻るかもしれない

なにより、はっくんがちゃりまるさんとぴーくんとちゃっちゃんが大好きで
毎日元気に暴れまくっているを見てると、本当によかったと思う

ありがとうです

これからもよろしくです


【2016/03/20 15:51】 | サクラ #- | [edit]
> ふーこさん

いつも励ましてくださって、ありがとうございます。
今はもう、頑張ってないかも。。。(⌒-⌒; )
「タラ」「レバ」は人生に付き物ですね。
自分のことなら諦めもつきますが、
はっくんの一生のことなのでやっぱり考えてしまいます。
はっくんが元気なので救われます。
【2016/03/16 07:54】 | ちゃりまる #lNLrWGZs | [edit]
確実に言えるのは・・・
あの時、はっくんもちゃりまるさんも最大限で頑張ったということ。
そして、今も頑張っているということです。

はっくんがこんなに良いお顔でいられるのも、間違いなくままのの力なのです。
【2016/03/14 23:22】 | ふーこ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://gokigenpete.blog.fc2.com/tb.php/437-453d32cb

トップページへこのページの先頭へ