メディキュット買いました。

 2016-08-07
この1週間、アレルギーで目や唇が腫れて鬱陶しい上に、
脚がパンパンに浮腫んで最悪でした。

毎年、夏冬に異様に浮腫む時期があるのですが、
1〜2週間で嘘のように引きます。
なぜでしょうね。冷暖房環境への順応でしょうか?

この1週間は、本当につらくて、自分の脚じゃないみたい。
思い余ってメディキュットを買いました。
今日届いたのを。さっそく着用。
P8070032.jpg

おーしまる感じがいいぞ!
一晩経ったらどうかしら?
続きは後でね。

廊下に放置のプリンター要塞ですが、
風の通り道に成るらしく、猫ベッドになってます。

はっくんが発見。
IMG_5997.jpg

ちゃっちゃんも。
P8060029.jpg

ぴーくんはまだ気がついてないらしい。

さて、夏休みもたけなわ、こうさぎ公園の花火率もアップ。
ふだんはせいぜい、ドラゴンくらいが大きな花火ですが、
先日は20連発の打ち上げ花火が!

ひゅ〜、ぱん!に色めき立つニャンズ。
「にゃんにゃ?」にゃんにゃ?」
IMG_5969.jpg

ひゅ〜、ぱん!
IMG_5970.jpg

ひゅ〜、ぱん!
IMG_5971.jpg

ぴーくん、たまらず敵前逃亡!
入れ違いに、やっと気がつくはっくん。
「にゃんか音がするじょ〜?」
IMG_5972.jpg

夏の夜は、刺激的、だね、ぴーくん。




スポンサーサイト

ブログランキングにエントリーしています。ポチッとしてね。

にほんブログ村 猫ブログへ

頭痛肩こり樋口一葉?

 2016-03-28
春は名のみの風〜の寒さや〜
今日はその寒さも和らいできましたね。
ようやく、本当の春が来たのかしら?

昨日は一週間遅れのお彼岸の墓参り。
正月ぶりに兄一家と会いました。
姪っ子、甥っ子も成人して、ちゃんと
敬語でお話しできるようになって。。。
おばちゃんはちょっと寂しい。。。

春分を過ぎたので、バルコニーの日差しも半分を越えてきました。
P3270099.jpg

今日も陽だまりを満喫。
P3270092.jpg

このひとのマイブーム、ちょっと困ってます。
P3270101.jpg

ウォシュレットの自動ノズル除菌に攻撃!
超足つっぱてるし。。。
P3270102.jpg

も、やめよ、ぴーくん。
P3270105.jpg

運ならついてほしいけど、ついたらついたで面倒なウンもある。

今日はままの誕生日。
頭痛がひどくて家事の合間に横になる1日でした。
思い当たるのは、日頃の寝不足と肩こり。
若い時とは違います。30代には、毎日終電でも平気だったけど。
1週間平均4時間の睡眠を補うのに、11時間寝ました。
そして、経験したことのない、頭の重さと締め付けられる感じ。
脳梗塞だったら?と本気でコワくなりました。
肩こり、首こりの頭痛です。
アリナミンEXGOLD買いました。
これが自分に贈る誕生日のプレゼントか〜。。。

そして、一生こんなに働かなくては生きられないのかな〜
やっぱり、日本死ね、だな。
生き甲斐って、なんだろ?
体の自由が利くうちに、やりたかったこと、
ちょっとはやらせてもらえないのかな?

アラカン突入の誕生日に思うのだった。


く〜。。。


ブログランキングにエントリーしています。ポチッとしてね。

にほんブログ村 猫ブログへ

ピロリ菌。

 2015-03-12
健保の切り替え前に、
気になっていた案件を片付けたいと思っていました。

数年前の人間ドックで見つかったピロリ菌。
当時は保険が利かなかったのと、
必ずしも除菌が最良ではないとの主治医のアドバイスで見送っていました。

昨年の人間ドックでやはり除菌を薦められ、
保険が利くようになったなら、と昨日相談に行きました。

健保を使うには条件があって、
6ヶ月以内に内視鏡で確認して、

1.胃がんでないこと
2.ピロリ菌が検出されること
3.ピロリ菌による胃炎やびらんが確認出来ること

の条件そろって初めて除菌が健保の補助対象となるのです。

が〜ん!去年の7月の内視鏡検査は対象外なんだって!
もう一回、あの苦しみを味わうのかぁ(;_;)

最近、TVでもカンタンに出来るような事行ってたのに〜。
全然お手軽じゃないよ〜。

でも、ここでくじけて数年後に胃がんになったら絶対後悔するよね。
せっかく自由な時間があるうちにやりとげてしまわなければね。

ってことで、昨日の今日で早速胃カメラ飲んできました。
立派な萎縮性胃炎を指摘され、無事薬をもらいました。

今回は初めて麻酔を使った口からカメラでしたが、
夢うつつの中でやっぱり何度もえづいたのでした。

口からはもちろん、鼻でも涙出るし、楽な胃カメラなんてないんですね。
早くカプセル式が一般的にならないかしらん。

もらった資料と薬です。
正義の味方、科学の子アトムがピロリをやっつけてくれるのか。。。
しかも、薬の名前が「クラリス」だ! ルパンが盗みに来るかもね。

P3120048.jpg

珍しくひっつき合う、ちゃっちゃんとはっくん。
14歳の世代格差を感じない。
P3090039.jpg

P3090036.jpg

ブログランキングにエントリーしています。ポチッとしてね。

にほんブログ村 猫ブログへ

恒例のワクチン接種

 2013-12-23
なんとか、MACが治ったので更新できます。

先週の土曜日は、にゃんこたちの年に一度の厄日、
予防接種の日でした。

ちゃりおとぴーと。キャリーにのせられ、ドナドナドーナ。
一年前とおなじです。
PC140118.jpg

はっくんの救助も虚しく。。。てか、いて〜!
PC140103.jpg

どこに売られて行くんだろ〜?
PC140131.jpg

初めて、ぴーとが先生に「しゃ〜」言いました。
はっくんのおかげで、「しゃ〜」が上手になったのね。
先生、びっくりしてたよ。「この子、しゃ〜っていうようになったね」って。
言うだけ番長で、ずっとままにしがみついてたけど。

それでも、二人ともおとなしく「チックン」出来ました。
うちの子は、みんな注射平気です。普通の猫は皆こんなに簡単なのかな?
ばろんの大暴れが嘘みたい。

ブログランキングにエントリーしています。ポチッとしてね。

にほんブログ村 猫ブログへ

「手足口病」

 2013-08-25
月曜日から仕事モードで頑張る筈だったのですが。。。

とんでもない病気にかかってしまいました。
「手足口病」、ふざけた名前でしょう?
子供の病気だよね、なんて軽く考えていたら大変です。
大人がかかると本当に苦しくて、たちが悪い病です。
そして、今年は爆発的に流行しており、大人への感染は特に重篤なものになっています。
こちらをご覧下さい。

ネットで調べても、大人の症状は詳しく紹介されていません。
一部のブログ体験談に、進行中の患者さんたちが共感のコメントを寄せていました。

私も、この体験をみなさまに知っていただこうと思い、下記に経過を記します。

【1日目】8/19 盆休み明けの出社。
        平均室温30℃で過ごした休日に比べて、オフィスの冷房のキツいこと。
        夕方には全身がだるく、頭も重くなり、早々に帰宅しすぐに就寝。
        しかし、激しい頭痛と発熱でほとんど寝付けず、明け方バファリンを服用。

【2日目】8/20 朝になって熱と頭痛が治まったので出社。「冷房病」だと思い、カーディガンを準備。
        やはりオフィスの中は寒く、カーディガンの上から作業着も重ね着。
        気分が悪くなり、午後早退。帰宅して熱を計ると38°、すぐにベッドへ。
       
【3日目】8/21 熱が下がったが、手足の指全部が赤く腫上がっている。病院へ。
        「手足口病じゃない?」と軽く診断が下される。発疹が落ち着くまで、
        最低2日は休むように言われるが、この「発疹」がどんなに辛い物かは、一切説明なし。
        この時点では私も「家で仕事するか。」などと軽く考えていた。
        ところが、この手足の「発疹」時間が経過するごと増え、また痒みを帯びてくる。
        この夜は激しい痒みのため、文字通り一睡も出来ず。
        冷やすと楽になるので一晩中保冷剤を交換してやり過ごす。

【4日目】8/22 朝になって痒みは治まらず、さらに、足の裏のボツボツを踏むと激痛が。
        ロボットのようにぎこちなくそっと歩く。もう、仕事どころではない、放心状態。
        発疹の量、痒み痛みはこの日がピーク。
        冷えピタも有効と分かり、痛む足で薬局までそろりそろりとたどり着き、
        大量に購入して就寝前に手の指10本と手の平、甲に貼付けた。
        前日とは天地の差。4日ぶりに熟睡できた。

【5日目】8/23 痒みのピークは越えたが、発疹に触れると激痛が走り、ペットボトルのふたを
        開けることもままならなくなる。キーボードを打つことすら、勇気がいる。
        足の痛みは昨日の比でなく、自力歩行は困難。キャスターつきの椅子に座ったままで
        部屋の中を移動する。外出は全く不可能。

【6日目】8/24 手の痒み、痛みはほとんどなくなる。
        歩行時の痛みもかなり軽減。ゆっくりなら歩行可能。
        しかし、発疹が赤黒くなり、かなりグロテスク。
        医療系のサイトでは、「自然に消える」と書いてあったが、
        体験者のブログでは、ここから「皮が剥け始め、手足がぼろぼろに」とある。
        さて、どっちなんだ?と思っている間に、手の発疹が少し薄れているようだ。

【7日目】8/25 手指の発疹の色がさらに薄れるが、指先の皮膚は厚ぼったく、
        手袋の上から触っているよう。足は濃いまま。歩行はかなり楽になって来た。

医療サイトでは、1週間から10日で完治するらしいが本当にあと3日でキレイになるのかしら?
完治して1ヶ月後に爪が全部剥がれたという人もいます((((;゚Д゚))))

こんな恐ろしい病気なのに、
「手足口病」に治療薬はありません。
自然治癒を待つのみ
予防法は「うがい」と「手洗い」です。

法定伝染病ではないので、会社や学校も自主欠席です。

感染経路は、飛沫感染(感染後1〜2週間)と排泄感染(感染後4週間)。
プールやお風呂でも感染するそうです。
私の場合、思い当たるのは、お盆休みに行った某「日帰り湯」
これって、「うがい」と「手洗い」じゃ防ぎようないですよね?

症状の深刻度や感染の容易さを鑑みても、
行政がもっときちんと警鐘を鳴らして
国民や施設に対して啓蒙活動を行ってしかるべきではないでしょうか?

o-157みたいに死に至る可能性が低いなら、ほっといていいんかい?
タグ : 手足口病

ブログランキングにエントリーしています。ポチッとしてね。

にほんブログ村 猫ブログへ

アフィリエイト・SEO対策
トップページへこのページの先頭へ